パワフルな生薬、「ロクキョウ」パワフルな生薬、「ロクキョウ」

「ロクキョウ」とは「ロクキョウ」とは

北海道のエゾシカから開発した素材に、「ロクキョウ®」と名付けました。

「ロクキョウ®」はシカのニカワからつくられたもので、日本ではこれまで製造に成功したことがありませんでした。製造方法がとても難しく、大量生産が困難だったからです。
長年の研究により、この非常に貴重な国産「ロクキョウ®」をお届けできることは大きな喜びです。

「ロクキョウ®」の郷、北海道

「ロクキョウ®」は恵みの地、北海道のエゾシカからつくられます。鹿は中国では古来から「全身が宝」と謳われ、大切にされてきました。

 

エゾシカは、中国の「梅花鹿(エゾシカ)」と同じ遺伝子を持つ鹿です。
中国では、薬用鹿は「梅花鹿(エゾシカ)」「馬鹿(アカシカ)」の二種類しか認められていません。

 

梅花鹿(エゾシカ)が馬鹿(アカシカ)より優れているのは昔から広く認知されており、
値段も、例えばロクジョ(袋角)の場合は、梅花鹿は馬鹿の4倍から5倍という高値です。
北海道のエゾシカは、高級和漢素材となるロクキョウ®をつくるのに大変適しているのです。

薬用膠薬用膠

膠の中で、最上品質のものは薬用になり、薬用膠にはランクがあります。
薬用膠は漢方原料(生薬)として、約2500年前から製造法が確立されました。薬用として用いられる膠の特徴としては、原料の状態が良いこと、前処理は有害物を使用しないことを徹底していて、衛生基準が高いこと、作るのにかなりの時間と手間を要することが挙げられます。

 

偉大な生薬、「膠」(にかわ)は、薬効が豊かで人類にとって価値ある生薬といえます。

 

膠文化の歴史は古いですが、ロクキョウ®の活用はこれからです。北海道発の国産ロクキョウ®を世の中に広め、社会貢献できるものとして活用したいと考えています。

地域に貢献し 高品質な商品開発で 美しい未来をつくる 北海道鹿美健